top of page
  • アカデミー

チラシを使ったカゴ作成



軽作業で行っているカゴ作成の紹介になります。




支援員が試しに作った時の参考サイトはこちらです。このブログがなかったら作れなかったですね。。とても参考になりました。




大まかな手順は「素材作成」と「編む」の2点です。

A3サイズの広告を4等分して折っていきます。




素材ができたら後はひたすら編み込むだけです。

「畳編み」というらしいです。






カゴの角になる部分は一番の難関ですが大変なのはここだけです。







最後に余った部分を折り込んでいきます。

この画像だとちょっと伝わりづらいですが。


完成!!


実際に利用者にやってもらっての感想ですが、編み込み自体は規則性が理解できる利用者はスイスイ進められてしまいます。空間認識の力が高い方にはほとんど苦にならないようです。

編み込みよりも素材作成の方が訓練としては有効だと思いました。切るのにカッターを使いますし、単純作業の繰り返しができるか、続けることで作業スピードが上がるかを見極めることもできます。

素材作りの丁寧さでカゴの仕上がりが大分変ってきます。上の完成品は利用者が作ったものですが素材の時点で丁寧に折り目がついているのでカゴ全体の端々がしっかりしていてシャープな印象です。

支援員が作ったものよりもキレイというね。。では。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page